プロフィール

西宮サイキック

Author:西宮サイキック
長崎大学RONRock部在籍のバンドです。
エモーショナルかつストイックをテーマに活動してます(笑)

西宮サイキックのHP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/12 (Wed) 20:26
大谷氏 帰ってきた

昨日16日間の航海から帰ってきたよ!


楽しかった!
サイコーだった!


そして、今回の航海で思った!

携帯の電波の通じない生活もいいもんだ!

なにせ、電波のとどかないところを航海してたもんだからね!

せかされない、いい旅ができたよ!


やはり、うちの学部はサイコーだ!
スポンサーサイト

2007/08/21 (Tue) 23:03
大谷氏旅にでる

小学校から高校までずっと同じだった友達四人で飲んだ。
盆、正月は帰省したらかならず集まる友達だ。

僕らがなぜ仲いいか?それは中学時代を共にすごしたからだろう。
中学時代はほんとうにやりたい放題で、くだらないことにエネルギーを注ぎ込んでいた。そんな時代が今はすごく懐かしい。
思い返せばギラギラ光ってあふれ出てくる。そんな思い。
中学校の思い出話で六時間喋りまくった。笑いつかれた。
そんくらいネタがある中学校やった笑

僕は帰ってギターを握った。
コードを適当に並べ、音の響きにフラフラ酔った。

リフが頭に浮かんでは弾いて消えていく。
あまりにも気持ちがよかったので、部屋で寝転んで
グネグネしながらギターをかき鳴らした。

一世紀は語り継がれる名曲ができる気がした。

その時、唐突に部屋のドアが開いた。

そこには母が立っていた。

僕は床でグネグネしていた。

母は数秒の時間をおいて言った。
「ごはんです。」と。


僕は食卓へ向かった。ほっかほっか亭のチキン南蛮が置いてあった。


旅にでよう。そう思った。

一週間後 船で旅に出ることにした。

元気でね。

2007/08/08 (Wed) 01:13
大谷氏の旧友

やはり友達はいいもんですな!

昨日試験が終わって、今日は高校3年の時のプチ同窓会みたいなのしました!海でバーベキュー&花火みたいな!!

やっぱ面白いね!

学生やってるのもあと一年と半分やし、
遊ばんと!!!

中学も高校もとりあえず楽しいこといっぱいやったね!!
くだらんことばっかやったけど、。。。
大学つまらんっていう人も結構おるけど、
僕けっこう楽しい・・・くだらん事でも楽しくできる友達がいっぱいおる!
僕は友達と一緒にいれる時間がすごく好きなのです。

この前約束したのです。



「ここにいる奴、全員結婚式はお互いに呼ぼうな!そしてお互いの結婚式を祝おう。そしてぶち壊そう。」って。


こんなにわくわくする約束ってそんなにないよね!!

この約束をした友達のうち二人はすでに結婚相手が決まっとる!
冗談抜きの本気で!!
大学卒業したらすぐ結婚するそうです!

ちくしょー負けてられん

ってことで結婚相手募集中です!!

応募資格は相武サキのかわいらしさとガバイバァチャンなみの包容力がある人です。

あて先はこちら↓↓↓ってね!ペ。ヨンジュ!



2007/07/31 (Tue) 20:51
こわーい話③続編

続くって書いたけど

続きが思いつきましぇ~ん。。。


すいませーん、捏造です。作り話です。うそでした

うっぴょーーーー!

ま、誰も日記みてなさそーやけんいっかー笑


てかね、学校で、DNAとかRNAとか遺伝子とか分子レベルで生態のことについて勉強してるからか・・・

幽霊怖いとか思うんやけど、いまいち信じれんというか・・・


まぁ人間はみんなビビリですよ。。。臆病でないと生き残れないのです。
臆病でないやつは死の危険性が高いわけです。
つまり、大昔から臆病でない遺伝子はどんどんと減ってきたのです。
そして今生きてる人の遺伝子は臆病な遺伝子なわけです。

だから、怖いとかいうのは当たり前!!未知のものは怖いわけです!

だから僕は、明日のテストの内容が一番怖いわけです!




って、うまくないってね!!

てへっ!!





2007/07/30 (Mon) 05:24
こわーい話③

っても、自分は霊感とかよーわからんし、

信じてるか信じてないかも自分でもよーわからんし、

さっきも幽霊が出るで有名かもしれない式見トンネルとか、ナズミトンネル深夜三時半に一人で爆走してきたけど、なんも感じんかった。

とまぁ、言っておきながらもビビリ怖がりな自分。。。笑
こんな体験したことが・・・


今まで何回か肝試しみたいな感じで友達といわゆる心霊スポットに行ったことあるんです。
 割と有名なところで○○病院。←これで分かる人は分かる!
 階段全部上って四階まで行って、入れる部屋は一応全部見て…
自分は怖がる皆を置いて割りとズカズカと進んでいける(一人じゃ無理けど笑)けど、

最後の一部屋が、なぜか入れなかったのです。怖くて。。。

その時はバイクの鍵と一緒につけてるペンライトだけで病院に入ってたんだけど、なぜかその部屋を照らした瞬間ん、って体が止まったんです。これ以上入っちゃいけん・・・ってか嫌だって!

なんか、その部屋だけ異様に怖く感じたんです。

そのことは一緒に肝試ししていた友達も思っていたらしく、
すぐに、その場を離れて別の方向に歩き出しました。

どのくらい歩いたかな・・・

急に「んっ!!?」、って何か思って僕は立ち止まりました。
そして
まったく同じタイミングで友達も立ち止まりました。

なにも言ってないのに、なんの前兆も無かったのに
なぜ同時に立ち止まったの・・・・??

その瞬間ふわっっと全身に鳥肌が立ったのを覚えてます。。。

そこからは何も言わずに早足で出口へ向かいました。


一階のロビーに降りた時、やっとでれると安堵していたら
黒っぽくなにやら模様がある塊がもぞもぞ動く物が床に落ちているのが見えました。

…出口も近いってことでちょっと強気になった僕は近づいてライトで照らして見ました。



ちゃんちゃんこ でした。


動いてたのは気のせいだよなーとか思いつつ足早にその場から離れ車へ急ぎました。

悪い予感がする。。。

そう思いながらも達成感に満ちた僕らは次の心霊スポットへ・・・

これがまた怖い思いをするはめに・・・


続く・・・


| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。