プロフィール

西宮サイキック

Author:西宮サイキック
長崎大学RONRock部在籍のバンドです。
エモーショナルかつストイックをテーマに活動してます(笑)

西宮サイキックのHP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/30 (Thu) 02:43
第57話~久しぶりに今日の話マジメだぁ!~

最近俺の生活情報ばかりなので今日は音楽の話を少々。演奏をしている側と聞く側、ライブは大きくこの二つに分けられます。もちろんCDなどの音源を聞く場合もそうですがね。んで今日は演奏してる側の目線での話。演奏中にプレイヤーが何を思っているかなんてそれは人それぞれ。でも何かしら独自の思い入れがあるはず。思い入れとは、まず演奏している曲への思い入れ、そしてそのライブなりパフォーマンスなりプレイヤー自身が取る演奏形態への思い入れ、があります。まぁ平たく言えば前者は曲のイメージ、後者は演奏者のポリシーやらスタイルですかね。これら思い入れはとても大切な事だと考えとるわけです。練習は大事だよ、的なことは以前に話しましたが要するに今回は演奏者のメンタル面に関する話なわけです。もちろん俺にも思い入れはあります。曲については一曲一曲コンセプトや情景がありますし、スタイルについては言うまでも無くアヒトイナザワの影響を多大に受けています。結論から言うと、プレイヤー自身の思い入れによってバンドはそれぞれ個性が出てくるわけですわ。そりゃぁ演奏者の性格とかも関係はしてると思いますがね。そして俺が言いたいのは半端な気持ちは無いのと同じ、って事です。もし西宮サイキックの中に自分のスタイルも信じれず、自分のバンドに胸張れんようなのが居たらそんな奴は必要ないです。演奏者が自分の楽器に対して、自分のバンドに対してどれほどの思い入れがあるか、それはまたまた人それぞれ。しかしライブとかでもそうでしょうが、知らない人が見て凄いとか圧倒されたとか記憶に残るバンドは、きっとイイ思い入れを持っている人達だと俺は思います。

~今日の一曲~
Escape 「BlieAN」
知らない方も多いでしょうが東京のバンドです。グランジ寄りのハードコアみたいな。あんまり俺は好きではないけれど思い入れはあるんだろうな、ってのが凄く伝わってきました。良いバンドだと思います。
スポンサーサイト

<< 第58話~テレビのリモコンが壊れた~ | ホーム | 第56話~5人でチャリの呼び鈴を鳴らしまくりながら島中をサイクリングしました~ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。